浄土真宗本願寺派 慈雲山 蓮教寺

浄土真宗本願寺派慈雲山 蓮教寺|岐阜県本巣市浅木

HOME»  浄土真宗の教義»  浄土真宗の教え4

浄土真宗の教え4

仏壇を安置するわけ

仏壇を安置するわけ

 

○仏壇は、迷える私達をお救いくださる阿弥陀如来さまをご安置するために
 置くもので、最も尊厳な場所であり、家庭生活の中心となるものです。
○うちには亡くなった人がいないから、仏壇はまだいらないと考える人がいますが、
 とんでもない間違いです。仏壇は、死者や位牌のためのものではありません。
 日々を生きる力のもとである如来さまのお慈悲に、私があう場所なのです。
○仏前に家族揃っておまいりして、謙虚に如来さまの大悲を仰ぐ家庭こそ、
 本当に幸せな家庭といえるでしょう。

 

仏壇を安置することについて

○仏壇は粗末にならないで、しかもみんなに親しみやすいところにおきましょう。
○新夫婦が別な場所で世帯を持つ場合は仏壇を、それができぬ場合は御本尊と
 「浄土真宗聖典」およびこの「浄土真宗必携」だけでも持たせ、
 その地のお寺や別院で教えを聞くよう、勧めたいものです。

 

御本尊と脇掛

○浄土真宗のご本尊は阿弥陀如来です。
 この阿弥陀如来を、親鸞聖人は、南無阿弥陀仏(六字名号)とも
 南無不可思議光如来(九字名号)とも帰命尽十方無碍光如来(十字名号)とも示されました。
○掛け方は、ご本尊を中央に、向かって右側に十字名号、左側に九字名号を掛けます。
 または、中央にご本尊、右側に親鸞聖人のご影、左側に蓮如上人のご影を掛けます。

 

お荘厳というのは御本尊を中心としたいろいろの「おかざり」のことです。
■五具足(ごぐそく)
花瓶一対、ろうそく立一対、香炉一の五点でかざるのを五具足といいます。
報恩講、年忌、新年、盆など、あらたまった場合に五具足を用い、普段は三具足にしておきます。
■三具足(みつぐそく)
五具足のうち花瓶一、ろうそく立一、の二点をはぶいたものを三具足といいます。
■四具足(しぐそく)
仏壇の上段に上卓のあるものは、四具足を置きます。
四具足の華瓶には、樒など青木のものをもちい、色花はさしません。

 

打敷・水引

打敷・水引

 

○仏事などの特別のときにかけるもので、
 普段はしまっておくならわしです。

○喜びの時や一般の仏事には色ものや金色の系統のもの、
悲しみの時には白や銀色のものをつかいます。

 

お花の供えかた

お花の供えかた

 

○仏事などの特別のときにかけるもので、
 普段はしまっておくならわしです。

○喜びの時や一般の仏事には色ものや金色の系統のもの、
悲しみの時には白や銀色のものをつかいます。

 

香

 

○香は、インドに起源をもつ礼拝の要具で、塗香、割香、抹香、
 線香などがあります。
○線香は立てずに、みじかく折って横にしておきます。
 本数に規定はありません。
 香は、かおりに価値があるのですから、嫌な臭いのものは避けて、
 良質の香をたいてください。

 

仏飯

○お仏飯は、毎朝お供えします。
 下げるのは昼まえにするのが原則ですが、朝のうちに下げて、
 暖かいのをいただいてもかまいません。
○水やお茶は供えません。

 ※文:「浄土真宗必携」より

 

□点火(てんか)                     □点燭(てんしょく)

□点火(てんか) 	 □点燭(てんしょく)

 

□供香(ぐこう)                     □供飯(ぐはん)

□供香(ぐこう) 	□供飯(ぐはん)