浄土真宗本願寺派 慈雲山 蓮教寺

浄土真宗本願寺派慈雲山 蓮教寺|岐阜県本巣市浅木

HOME»  浄土真宗の教義»  浄土真宗の教え2

浄土真宗の教え2

人生の節目には、その意義をたしかにし、人間としての自覚を深めるため、
宗教による儀式がもたれています。
しかし私達、真宗門徒はそういう場合、便宜や都合で他の宗教の儀礼を行ったりしないよう、
心がけましょう。
仏式の行事は、ただ形だけの儀礼ではなく、深い教えの裏づけに基づいて、
その人の一生を意義あるものにするよう計画されております。

 

初参式

初参式

 

子供が生まれたことを喜び、お寺に初めてお参りして受ける式です。
一か月から百日目ぐらいまでの間の適当な時期につれて参ります。

お寺によっては、その年に生まれた子供をいっしょに集めて初参式をし、みんなに紹介し、お祝いするところもあります。

 

誕生日 入学 卒業

誕生日 入学 卒業

 

誕生日や入学、卒業のときには、家族でいっしょに仏前に参り、お祝いするとともに成長の思い出や将来について話し合いましょう。

※文:(浄土真宗必携)より

 

結婚式

結婚式

 

結婚という人生の新しい門出を、二人が仏前に誓いあうことはすばらしいことです。
結婚式のことを華燭の典といいますが、その名にふさわしく厳粛華麗な式典をもつことができます。

 

帰敬式(おかみそり)

帰敬式は、浄土真宗の門徒として、仏祖のまえに帰敬の心を表す式で
「おかみそり」ともいわれています。
親鸞聖人のお得度にならって、ご門主さまから「おかみそり」を受け、法名をいただきます。
本山において行われますが、場合によっては他の場所で行われることもあります。

※文:(浄土真宗必携)より

 

通夜・葬儀

○深い縁に結ばれた人との、人生最後の厳粛な別離の儀式ですから、意義深くつとめます。
私達は、ただ形式的に葬儀を行うのでなく、また見栄にとらわれてむやみと華美にわたることなく、浄土真宗のみ教えに反しないよう行わねばなりません。
なき方をしのび、浄土に往生させずにはおかぬ如来の大悲を仰いで、心から念仏しましょう。
○葬儀にまつわりがちな迷信やまじないにとらわれてはなりません。
○亡くなられたら、仏壇に灯明を点じ、香をたきます。
 花は樒(しきみ)か青木のものと、とりかえます。
○遺体を整え、顔を白布で覆い、釈尊の入滅にならって頭を北にするならわしがありますが、
 方角は家屋の都合で、決してこだわることはありません。
○遺体の前には、ろうそく、お花、供物などの荘厳はしません。
 荘厳をする場合は、御本尊を安置します。
○通夜は、近親知友が集まっておつとめをし、故人を偲び静かにすごしましょう。
○自宅から葬場へでる時は、出棺勤行をします。
 それはわが家の御本尊への最後のお礼です。勤行は棺の正面でなく仏壇に向かって致します。
○式場には、かならず御本尊をお迎えします。
○勤行は御本尊に向かって行います。
○荘厳は紙華(しか)一対、香炉、ろうそく立一対(ろうそくは銀か白)の五具足とし、
 打敷(銀襴か白)をかけ、供物は赤色をさけ、焼香卓を置きます。

※文:(浄土真宗必携)より

 

法事

○命日から数えて四十九日間を中陰の期間とし、
 その間、七日目ごとに仏事をつとめ、
 四十九日を満中陰といいます。
○死亡の翌月の命日を初月忌といい、おつとめをします。
 また百か日にも勤行をいたします。
○翌年から祥月命日に行う仏事を、
 年忌または年回法要といい、右のように数えます。
○法事は、死者への追善供養ではありません。
 命日を縁として故人をしのび、経典をいただき
 仏徳を讃嘆し、 仏恩を喜ぶ行事で、
 聞法を大切にいたします。
○法事の本質を外して、飲食やお土産ばかりに
 重点がかからぬよう注意しましょう。

※文:(浄土真宗必携)より

 

法事

 

人生の節目には、その意義をたしかにし、人間としての自覚を深めるため、
宗教による儀式がもたれています。
しかし私達、真宗門徒はそういう場合、便宜や都合で他の宗教の儀礼を行ったりしないよう、
心がけましょう。
仏式の行事は、ただ形だけの儀礼ではなく、深い教えの裏づけに基づいて、
その人の一生を意義あるものにするよう計画されております。

 

教 団

私たちの教団の組織
私たちの教団は、名称を「浄土真宗 本願寺派」(略して本派)といいます。
本山は、浄土真宗本願寺派 本願寺(西本願寺)です。

 

真宗教団連合

真宗教団連合

 

本願寺派教勢表 (平成16年1月1日現在)

本願寺派教勢表 (平成16年1月1日現在)

 

浄土真宗を開かれたのは親鸞聖人であります。
しかし開祖といっても、自分でひとつの宗旨を開こうなどという意志をもって教えをひろめられたものではなくて、あくまでも、みずから如来の本願を信じ、そのお慈悲を生きるひとりの行者として、また恩師源空上人を慈父のように慕い、そのよき弟子として終始されたことは、「本師源空あらはれて浄土真宗をひらきつつ」とうたわれた『和讃』のうえにもあきらかにうかがわれます。
また「浄土真宗」ということばにしても、ただ単にひとつの宗派をあらわす宗名としてではなくて、よき師である源空上人からうけたまわった、真実の教えをあらわされたものにほかなりません。
人間というものは、すこしでも人からほめられると、とかく思いあがるものであり、まして人の師と仰がれるようにでもなれば、弟子の数を一人でも多くかぞえたい名利欲や、〃わが弟子である〃という執われ心がおこりがちなものであります。
ところが聖人は、立派な弟子がたくさんあったにもかかわらず、「親鸞は弟子一人ももたず候ふ」(歎異抄)といい、「なにごとををしへて弟子というべきぞや。みな如来の御弟子なればみなともに同行なり」(口伝鈔)ともいっておられます。
そして自分自身では、真宗の正しいみ教えは、七人の高僧がたが受け伝えてくださったたまものであると高く仰いで、「七高僧はねんごろにも釈迦のみこころあらわして、弥陀の誓いの正機をば、われらにありとあかします」とたたえ、「このみさとしを信ずべし」(しんじんのうた)という姿勢を生涯つらぬいていかれました。
そのように執われのない謙虚な人柄は、かえって多くの人びとの信望と尊敬とをあつめ、「同一に念仏して別の道なきがゆえに、遠く通ずるに、それ四海の内みなきょうだいとするなり」(往生論註)というように、ひとつの教団が自然にかたちづくられ、それが今では「浄土真宗」という一大教団にまで発展してきたのであります。
そしてその「ご開山さま」として七百余年このかた、幾千万の人びとから敬い慕われている人こそわが親鸞聖人であり、このことは浄土真宗という教団を知るうえで、きわめて重要なことであるといえましょう。
「浄土真宗 必携」より