浄土真宗本願寺派 慈雲山 蓮教寺

浄土真宗本願寺派慈雲山 蓮教寺|岐阜県本巣市浅木

HOME»  浄土真宗の基本»  法話

法話

法話 その1

親鸞聖人は、お念仏を申し浄土への道を歩む念仏者の日々の心持ちをお示しくださいました。
その偈(うた)が正信偈です。
正信偈は、聖人の著書「教行信証」の中に記されています。
「しかれば大聖の真言に帰し、大祖の解釈に閲して、仏恩の深遠なるを信知して、『正信念仏偈』を作りていはく、帰命無量寿如来・南無不可思議光…」とありますように、聖人が「私の教えはこのようですよ、私の教えを聞きなさい」と言っているわけではありません。
親鸞聖人ご自身が、お釈迦様や七高僧様のお言葉をそのままお受け取りになり、阿弥陀様に深く頭を下げられる生活をお送りになられたことがわかります。
親鸞聖人が関東におられた時のことです。
親鸞聖人のもとにたくさんの人々が集うことを良く思わなかった明法房は、聖人をなきものにしようと山道の草むらに隠れて闇討ちを計画します。
たまたまその道を通らなかったため、闇討ちは失敗しますが、明法房は聖人の家まで押しかけ、刀を振りかざします。
親鸞聖人の目を見ていると刀を下ろすことが出来ず、とうとうその場にひれ伏します。
聖人の言葉を聞き、念仏者となった明法房は、同時に聖人の身を賊から護るため、いつもお供をしたそうですが、ある日、かつて自分が闇討ちのために隠れていた草むらの傍を通ったときに、この様な詩を詠んだそうです。
「山は山、道も昔にかわらねど、変り果てたる、我が心かな」
私たちの生活も、正信偈を朝・夕にお勤めし、親鸞聖人のお示しくださったように阿弥陀様に頭を下げる生活を送らせて頂く身に、変わっていきましょう。

 

法話 その2

ある先生が、阿弥陀如来の救いをこのように例えられました。
その昔、集まった哲学者に対して、禅宗の僧から次のような問がありました。
「いま、あなたは池のほとりに立っています。池にはあなたの母(父)と妻(夫)がおぼれています。
あなたはどちらから助けますか?」哲学者は議論します。
「東洋では古来から、目上の者を尊ぶのであるから、母から助けるべきだ。」「近年、西洋では夫婦の絆を第一にすることが大切であるから、妻から助けるべきだ。」「いや、それは妻によりけりだ。」
など、議論は答えを導き出すことができません。
そこで哲学者達は、問を出した禅宗の僧に答えを尋ねました。
僧は、「本当に池のほとりに立てば、親からだ、妻からだ、いや妻によりけりだなど、相手の条件を問うより、すぐに飛び込んでまず近くにいる方から助けるでしょう」と答えた。
確かにもっともであり、相手の条件を問わないことが本当の救いであります。
しかしこの例えでは、救われる者(母や妻)が救う者の近くにおぼれていることが救いの条件として残る自力の救いです。
阿弥陀様の救いは、近くであれ遠くであれ、今にもおぼれている方から助ける、救われる側に一切の条件ももたない救いです。
親鸞聖人は、阿弥陀様の救いのめあては、「親鸞一人がためなりけり」とよろこばれました。
現代社会の荒波を生きる私達に、今にも溺れそうでいる私達に、阿弥陀様は救うぞ、との願いをかけておられます。

 

法話3

浄土真宗のお仏壇は、阿弥陀如来様が私たちを救いとるためにたてられた願いをあらわしています。
如来は、その願いの第一番目には、「私が仏となるときに、私の国に地獄・餓鬼・畜生があったなら、決して悟りをひらきません」と願われ、次に、「一度私の国に生まれた者が、また三悪道に戻ることはない」と願われました。
そして三番目に「私の国の全てのものは金色(こんじき)に輝く」と願いをたてられました。
これらの願いは、自分の価値観で互いに傷付けあい奪い合う生活を送る私たちに、お念仏を申し、浄土への道を歩めよ、支え合ういのちにめざめよ、と私たちに向けられたものです。
お仏壇が金色に輝くのは、その願いのすがたです。
例えば、小さな子供が食事をする時、手を合わせて「いただきます」と言ったとしても、その子供にとっては、無意識なのか、習慣なのか、いずれにしても大きな意識をもっての事では無いでしょう。
しかし、この子どもが手を合わせる姿には大きな意味があります。「この子にはいのちの尊さのわかる子になって欲しい。この子には有り難う、すみません、と素直に言える子に、この子には手を合わせる子になって欲しい」という父母、祖父母の願いがかけられ、その願いが届いた姿が合掌する姿です。
私たちも今、合掌して念仏を申しています。
私には確かに願いがかけられ、その願いが確かに届いている姿です。
願いにつつまれている人生を精一杯生き抜きたいものです。

 

法話4

私たちは、年頭にあたって「今年は良いでありますように」「今年こそ良い年になりますように」「今年も良い年に…」などと、願いを持ちます。受験生を持つ家庭では「志望校に合格しますように」、病気と戦う人は「健康になれますように」と願います。
その願いは「幸せになりたい」という切実な願いでしょう。
平成17年の大河ドラマは「利家とまつ」でした。ご覧になった方も多かったことでしょう。
このドラマの主役である前田利家の妻「まつ」の名セリフは「私にお任せくださりませ」です。
このドラマの原作・脚本を書かれた先生(竹山 洋氏)がテレビのインタビューでこの様なことを語っておられました。
まだ生活に余裕がない頃、家計のやりくりに苦労している妻に「大丈夫か?お金借りてこようか?」とたずねると、「黙っていてください。家計のことは私に任せておいてくださいませ」と言われた。
この言葉で、スーッと肩の荷が下りた、ありがたかった。
心配をしていた竹山氏が安心できたのは、「任せて下さいませ」という妻の言葉が届いたからです。その言葉をドラマで「まつ」の名台詞にし、利家が自信をもって困難を乗り越える様子を描いたそうです。
自らの生き様を安じ願いを持つ私達が、実は、私の身を安じてくださる大きな願いに包まれています。
「私に任せよ」阿弥陀様の願いです。
この「任せよ」の言葉を私が受け取ることで心配のない、安心して力強く生きる事が出来るのです。

 

法話5

お釈迦様は、紀元前483年の2月15日、80歳で入滅されたとつたえられています。
2月に入り、涅槃について考えてみたいと思います。
お釈迦様は、ご自身に入滅の時が近いことを悟られました。
身近におられたお弟子様が、病床のお釈迦様に「あなたがいなくなってしまったら、何を頼りに生きていけばよいのか?」と悲しみを打ち明けられました。お釈迦様は、そのお弟子に向かって「これからは、自らを灯明とし、自らを拠りどころとせよ。法を灯明とし、法を拠りどころとせよ」と説かれました。
これは、自分にとって都合の悪いことなどを他人事として避けようとする私たちに、「自らの力で歩めよ、自らの事として受け入れよ」と教えてくださるのです。
また「自らの人生を正しく導く法を聞き、拠りどころとせよ」と示されるのです。
私たちは、物事を善悪で判断し、善を行なうべき、悪を戒めるべき、と考えます。しかし、それらは自分の都合で判断してはいないでしょうか。都合の良い事を「善」とし都合の悪い事を「悪」と考え、都合の良い人を「善人」、都合の悪い人を「悪人」としてはいないでしょうか。
宗祖親鸞聖人が「和国の教主」(日本のお釈迦様)と称えられた聖徳太子の制定された十七条憲法の十番目に「十に曰く、<中略>われかならず聖なるにあらず、かれかならず愚かなるにあらず、ともにこれ凡夫ならくのみ。
是く非しきの理、たれかよく定べき。<後略>」と、誰にも決めることのできない善悪にこだわる凡夫にとって、拠りどころとすべきは法であることを示されました。
一度きりの人生です。後悔のない人生にしたいものですね。

 

法話6

「写真に3人並んで写ったら、その真中に写った人は死ぬらしい」といわれたらどう思いますか。
きっと「そんなばかな」と思うでしょう。
そう、これは迷信です。しかし、迷信も自分の身にふりかかると深刻になってしまうのが、私たちです。
そればかりか、「そんなことなら、真中で写らずに端にいけば良かった」などと、他人を押しのけてでも助かりたい、という恐ろしい自分の姿が顔を出します。迷信に振りまわされた人生を送ってはいないでしょうか。
以前、あるご門徒様からの手紙が紹介されていました。この方は、現在、門徒推進員として活躍されていますが、子供のころの思い出を語っておられました。
「子供のころ、家の前で遊んでいたら、水溜りに蟻が溺れていました。かわいそうに思って、葉っぱを戒めることはあたり前であると考えています。
しかし、禅師の言葉の通り出来ないことです。何故出来ないのでしょうか。
親鸞聖人は正信偈のなかで「一切善悪の凡夫人」とお示しです。
私たちの考える善悪はすべて自分中心の善悪であり、自分にとって都合が善いか悪いかで考えてしまいます。「善悪にこだわる凡夫」です。
お念仏申す人生とは、善悪にこだわって生きてきた人生が、真偽にこだわる生き方にかわって行くことです。
真をとり偽をすてることです。真を取るには信(信じること)を得て、疑(疑うこと)をあらためることです。
それには、心(こころをいただく)をとり義(自らのはからい)をすてることです。

 

法話7

人の一生には浮き沈みがあります。調子の良い時もあれば、沈んだ時、つまり自分にとって調子の悪い時期もあります。そのような時、どうやって乗り越えればよいでしょうか。
岐阜県出身のマラソン選手、高橋尚子さんにも調子の悪い時があったそうです。学生時代から日本一になりたい、日本一になるには日本一の練習、日本一の指導者が必要だと考え、小出監督のもとに進みました。ところが、はじめの頃は思うように成績が出ず、また、丁度オリンピックの時期になり、監督は他の選手の指導に専念されました。「成績も出ない」「指導も受けられない」落ち込んだ高橋選手は、「もうここにいてもしょうがない、郷に帰ろうか」そう考えたんだそうです。ふと、荷物の中から出てきたのが、高校時代の恩師、県立岐阜商業高校の中澤先生の言葉だったそうです。
「何も咲かない寒い日は、下へ下へと根を伸ばせ
きっと大きな花が咲く」
この言葉に励まされ、今が寒い日なんだから根を伸ばそう、つまり、より一層練習をしたそうです。その後の活躍はオリンピック金メダル、世界最高記録(当時)など、皆様もご存知の通りです。
宗祖は「心を弘誓の仏地に樹て」と如来様の願いに生きる生涯を送られました。人間に大切ことは、「自分が、今どこに樹っているか」「これからどこへ進むか」です。現実から目を背けたり、その場その場の忙しさに追われて、人生をむなしく過ごしてはいないでしょうか。たった一度きりの人生です。しっかりとこの命を生きていきたいものです。

 

法話8

昨年4月に往生を遂げた私の実父經昭は、臨終が近づくと、口癖のように「あぁいい人生だった」と言っていました。また、「親鸞聖人の弥陀の誓願不思議にたすけられまゐらせて、往生をばとぐるなりと信じて念仏申さんとおもひたつこころのおこるとき、すなわち摂取不捨の利益にあづけしめたまふなり(歎異抄)のお言葉は、ありがたいなぁ」ともつぶやいていました。
宗祖は、阿弥陀様の救いのめあては凡夫である、とお示しですが、では凡夫とはいったいどのようなものでしょうか。凡夫は、梵語でプルタジャーナといい直訳すると、垣根を作って生を営むものとなるそうです。確かに私たちは、他の人との間に境界線を引いて、その線を挟んで敵・味方にわかれます。そして、勝ち・負けにこだわり、損・得にこだわり、互いに競い傷付け合って生きています。
その境界線の無い世界のことを私たちは「家族」と呼んでいますよね。家族の間には、敵味方や勝ち負け、損得はありません。家族とは、苦しみも悲しみも喜びも分け合える世界です。慌しい世の中になった近年だからこそ、家族について考え直す必要があるのではないでしょうか。
父經昭が私に最後に語った言葉は、「兄弟、家族、みんな仲良くするんだよ」でした。自分こそ阿弥陀様のお救いのめあてである凡夫と自覚し、その願いの中で精一杯生き抜いた父の姿に最後まで導かれた、と感じました。

 

法話9

以前、アメリカで『大きな木』(作:ジル・シルヴァスタイン)という童話がとても人気になったそうです。この童話は、主人公の少年と大きなリンゴの木の物語です。少年はいつもリンゴの木に語りながら、楽しく遊んでいたそうです。
ある日、少年はリンゴの木に「お小遣いが欲しい」と頼んだそうです。リンゴの木は「私の実を街に持っていってお金にかえればいい」こう少年に告げます。少年は、全ての実を取って、町に行ってしまい、しばらくリンゴのもとに戻ってこなかったそうです。リンゴの木は一人ぼっちでした。
数年経ち、青年になって木のもとにもどったこの男は、「家が欲しい」こう言います。大人になってからは「旅がしたいので船が欲しい」。これらの頼みにリンゴの木は応えつづけ、とうとう切りカブになってしまいました。一方少年も年老いて、リンゴの木(切りカブ)のもとへかえってきました。今度はリンゴの木から声をかけます。「すまないね、もう私にはなにもあげられる物はないんだよ。」すると、年老いたこの男は、「もう何も欲しくない、それより疲れた、休みたい。」この言葉を聞き、リンゴの木は嬉しそうに「では、私の切りカブに腰掛けて休むといいよ!」老人はゆっくりと、腰掛けた。
リンゴの木はとても嬉しかったそうです。
この童話は私たちに教えてくれます。「人間は、自分の都合の善い事を善、都合の悪いことを悪」としてしまいがちです。でも、それでも自然や全てのいのちは、私たちを支え、私たちと関わって生きています。

 

法話10

私たちは、様々な価値観をもって生きています。この価値観の違いから争いが起こることも多いのではないでしょうか。そんな時に、つい「自分が正しい、相手が間違っている」と考えてはいませんか?以前にこんな話を聞いたことがあります。
一人の画家がました。この画家は、まだ若い頃に「だれが見ても心が和む、暖かい絵を描いて欲しい」と依頼をうけたそうです。この依頼に、画家は悩みます。「どんな絵を描けばだれしもの心が和むのであろうか。穏やかな海を描こうか、しかし、海で辛い思いをした人もいるだろう。雄大な山を描こうか、しかし、山で辛い思いをした人の心は和むまい。」途方にくれた画家が公園で休んでいると、数人の子供たちが遊んでいる姿が目にうつりました。「そうだ、子供の笑顔を描こう」画家は、子供のなかでも特に笑顔のすばらしい子供の絵を描きました。依頼主はたいそう喜んだそうです。数十年後、この画家に今度は「誰が見ても背筋の凍りつくような、恐ろしい絵を描いて欲しい」との依頼がありました。またしても悩んだ末に、「何人も人を傷つけた恐ろしい人は、恐ろしい顔に違いない。」と考えて、監獄にいきました。なかでも一番恐ろしい囚人の顔を描いたそうです。絵を描いていると囚人が話し掛けてきました。その話から、この囚人は数十年も前にとびきりの笑顔を見せてくれた子供だと分りました。
わたしたちは、数え切れないほど多くの人と関わって生きています。人とは、影響を及ぼし及ぼされています。自分の価値観もその中でできあがりました。ですから、自分が正しい、と考える前に少し謙虚になってみませんか?

 

法話11

私2月15日はお釈迦様が涅槃に入られた(入滅された)涅槃会です。
あらためて、お釈迦様のご生涯をしのび、私のために教えをひらかれたお釈迦様のお言葉にふれてみたいと思います。
私達は、お釈迦様のお示しくださった阿弥陀様の願いの他に、迷いをはなれるすべはありません。
(1)殺生 (2)偸盗 (3)邪婬 (4)妄語 (5)両舌 (6)悪口 (7)綺語 (8)貪欲
(9)瞋恚 (10)愚痴の10の行いを十悪といいます。
このうち一つでも一度でも行うと地獄行きといわれ、十全てを行うと地獄でももっとも深い無間地獄に行くといわれます。
私たちの行いを省みますと、心は常に怒り腹立ち、嫉み妬むことで満たされる(8)(9)(10)行い、
口には嘘や悪口、綺麗ごとなど(4)(5)(6)(7)の行い、そして身体では命の尊さを見失い家庭を顧みないなど(1)(2)(3)の行い、といった「自分の力では、地獄行き間違いない人生をあゆんでいる」ということになります。
宗祖親鸞聖人は、「いずれの行もおよびがたき身なれば地獄は一定すみかぞかし」と自らを見つめ、その私にこそ阿弥陀様は願いをかけられたのであると喜ばれました。
如来様の願いによって、地獄行き間違いないはずの人生が、お浄土への道を歩む人生に変わっていく、その身をよろこびたいものです。
法話12

 

法話12

親鸞聖人をはじめ、鎌倉仏教の祖師方(法然、日蓮、道元、栄西などの高僧の方々)は皆、比叡山でご修行されました。七高僧のお一人源信和尚はその比叡山で生涯をすごされ、比叡山においてお念仏をお伝えくださいました。
この様な喩え話があります。ある村に一人の行者がやって、あちらこちらで不思議な力を見せました。この村はお念仏をよろこぶ方ばかりの村でしたが、次々とこの行者の信者になっていきました。ある日のこと、その行者が村人をあつめて大きな釜を用意させました。薪に火をつけ釜にお湯を沸かせました。何事が始まるのかと集まった村人の前で、行者は気合いとともに釜の煮えたぎる湯の中に入って、涼しい顔をしてみせました。釜から出ると、村人の中にいた浄土真宗の僧侶を指さしました。「次はお前の番だ」という意味でしょう。「うちのご住職にあんなことができるだろうか」村人は不安げにみていましたが、ご住職はにこにこしながら、釜に近づきました。着物を脱ぐと桶に水を用意させました。頭から水をかぶるのだ、と思いきやその水を釜に入れ、どんどん水を用意させては釜にいれました。手でかき混ぜて「さぁ、いい湯加減になりました。皆ではいりましょう。」と村人たちを招きいれたといいます。
煮えたぎるお湯に入れることは、勝れた行いかもしれませんが、誰にでも出来ることではありません。入れる人が勝れているだけでお湯が勝れているわけではありません。誰でもが入れるちょうどいい湯加減のお湯こそがすばらしいのです。だれでも出来るお念仏こそ勝れた行である喩えです。