浄土真宗本願寺派 慈雲山 蓮教寺

浄土真宗本願寺派慈雲山 蓮教寺|岐阜県本巣市浅木

HOME»  浄土真宗の基本»  作法

作法

合掌のこころ

○如来さまへのごあいさつは、合掌にはじまり
合掌におわります。

○礼拝(らいはい)は祈ることではなく、仏徳への感謝と讃嘆(さんだん)ですから、「お礼をする」ともいいます。力まず自然な気持ちで、しかも怠りなくつづけましょう。

 

合掌のこころ

 

合掌・礼拝のしかた

合掌・礼拝のしかた

 

合掌・礼拝のしかた

 

○両手を胸の前に合わせて、指をそろえて約45度上方にのばし、念珠をかけて親指でかるくおさえます。

○肩、ひじをはらず自然に、目は御本尊の方にむけ、そして静かに念仏します。念仏は、「南無阿弥陀仏」と数回となえます。

○礼拝は、合掌したまま上体を約45度かたむけてお礼をし、上体をおこしてから合掌をときます。

 

焼香の作法(1)

 

 

 

 

焼香の作法(1)

 

焼香の作法(1)

 

○立って行う場合、焼香卓の2、3歩てまえで御本尊に一礼し、進んで香を右手でつまんで、いただかずに香炉のなかに1回入れ、合掌・念仏・礼拝し、2、3歩さがり一礼して退出します。

 

焼香の作法(2)

焼香の作法(2)

 

焼香の作法(2)

 

○焼香のとき、導師のまえを通るときは一礼します。

○すわって行う場合もおおむね
右に準じます。

 

焼香の作法(3)

焼香の作法(3)

 

焼香の作法(3)

 

○焼香のときの注意
・香をたくまえには合掌しない
・香をたくのは、1回でよい
・香を、おしいただかない
・焼香のとき、きんをたたかない

 

○金香炉 ○土香炉 ○香盒(こうごう)

左から、○金香炉 ○土香炉 ○香盒(こうごう)

※香をお供えするには、焼香(しょうこう)と燃香(ねんこう)がある。
焼香は、金香炉に炭(火種)を入れ、焼香する。
 燃香は、土香炉に抹香または線香に火をつけ、供える。