浄土真宗本願寺派 慈雲山 蓮教寺

浄土真宗本願寺派慈雲山 蓮教寺|岐阜県本巣市浅木

HOME»  浄土真宗の基本»  荘厳

荘厳

お仏壇のお飾りを荘厳(しょうごん)といいます。

 

お仏壇の荘厳

お仏壇の荘厳

 

(1)本尊

(2)お仏飯

(3)脇掛

(4)前卓(まえじょく)

(5)きん

 

■御本尊と脇掛

浄土真宗のご本尊は阿弥陀如来です。
この阿弥陀如来を、親鸞聖人は、南無阿弥陀仏(六字名号)とも南無不可思議光如来(九字名号)とも帰命尽十方無碍光如来(十字名号)とも示されました。
掛け方は、ご本尊を中央に、向かって右側に十字名号、左側に九字名号を掛けます。
または、中央にご本尊、右側に親鸞聖人のご影、左側に蓮如上人のご影を掛けます。
脇掛には、親鸞聖人と蓮如上人を脇にかけますという意味があります。

 

■お仏飯

お仏飯は、毎朝お供えします。
下げるのは昼前にするのが原則ですが、朝のうちに下げて、暖かいのを頂いてもかまいません。
※水やお茶は供えません。

 

■前卓

お花、蝋燭、香炉を置きます。